矯正治療装置装着中は虫歯や歯周病のリスクが高くなるため、プラークコントロールに努めましょう。

マイナス1歳から始める虫歯予防
マイナス1歳から始める虫歯予防
このエントリーをはてなブックマークに追加

矯正治療中のプラークコントロール

マイナス1歳から始める虫歯予防
最後に、歯列矯正の落とし穴について注意を一言です。
どんな手法を使うにしても、矯正期間中は、歯の表面に異物を貼り、ワイヤーや輪ゴムをかけ…いろいろなものが邪魔をして、プラークコントロールが十分にできない状態にあります。
すなわち、虫歯や歯周病にかかるリスクが非常に高い状態と言えるでしょう。
せっかく歯並びが綺麗になり、心待ちにしていた装置を外すその日、虫歯が見つかってがっかり…ということにならないために、矯正治療期間中は特にプラークコントロールに力を入れましょう。
そうは言っても、いつもどおりの歯磨きでは全く手が届きません。
きちんとした矯正歯科専門医院であれば、専門の歯科衛生士が在職しており、ひとりひとりの使用している装置に合わせた清掃用具の提案と指導をしてくれますから、ぜひ勧められた用具を購入し、真面目に取り組みましょう。
一般に、矯正専用の毛が一列しかない細い歯ブラシか、ワンタフトブラシ(毛がひとふさしかない)を勧められることが多いでしょう。
また、最近の研究の結果、別の角度からもプラークコントロールや歯周病予防のサポートができるようになりました。
たとえば、キシリトールガムあるいはタブレット。
定期的に摂取し続けることで、ヌルヌルべったりプラークがサラサラプラークに変わるため、同じように歯磨きしていても落としやすさが違います。
また、体の免疫力を高めることで、歯茎の腫れを引き起こす細菌との綱引きに負けにくくなり、歯周病のリスクが下がります。
このために特定の乳酸菌サプリなどをすすめる歯科医院も出てきています。

話題になっている歯科の参考になるネタはユーザーが多いこのサイトがお勧め☆

Copyright (C)2017マイナス1歳から始める虫歯予防.All rights reserved.