歯周病と早産、またさまざまな全身疾患には密接な関連があります。

マイナス1歳から始める虫歯予防
マイナス1歳から始める虫歯予防
このエントリーをはてなブックマークに追加

歯周病と全身疾患

マイナス1歳から始める虫歯予防
歯周病と早産のリスクが関連付けられているという報告があります。
妊婦が歯周病に罹患している場合、早産のリスクが7倍になるというもので、これはアルコールや高齢出産、産科器官の感染などによるリスクと比べても格段に高くなっています。
歯周病菌が腫れた歯茎から容易に血流に侵入して体内をめぐり、胎盤を通して胎児に感染すると考えられています。
妊娠前には歯茎にトラブルのなかった人も、妊娠によってホルモンバランスが変わり、歯周病にかかりやすくなってしまいます。
たとえば、細菌の増殖を助けるエストロゲン、炎症を促進するプロゲステロンなどのホルモンは、妊娠後半期には普段の月経中の10倍から30倍にもなるということです。
歯周病を予防して早産を防ぎたいのに、皮肉な現象ではありますが、過敏になることはありません。
炎症の引き金となる歯垢がなければ、炎症はおこらないか、あるいは軽度で済む場合がほとんどだからです。
妊娠の後半期には特に注意して歯垢を落とすようにしましょう。
このように、歯周病というのは歯科だけの問題ではありません。
全身の病気を引き起こす原因になるのです。
たとえば、脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病、関節炎、腎炎、誤嚥性肺炎、メタボリックシンドロームなどと歯周病の関係が指摘されています。
いずれも、歯周病菌または歯周病菌が撒き散らす内毒素が体内をめぐる結果として引き起こされるもので、決して軽視できるものではありません。
特に、歯周病罹患率の上がる中年以降には、これらの疾患のリスクも高くなります。
歯周病をしっかりコントロールすることが、命に関わる疾患のコントロールにつながるというわけです。

話題になっている歯科の参考になるネタはユーザーが多いこのサイトがお勧め☆

Copyright (C)2017マイナス1歳から始める虫歯予防.All rights reserved.