最近では表側矯正装置も目立たないものやカラフルなものなど選択肢が広がっています。

マイナス1歳から始める虫歯予防
マイナス1歳から始める虫歯予防
このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科矯正治療装置のいろいろ

マイナス1歳から始める虫歯予防
矯正装置には大きく分けて表側矯正装置と裏側矯正装置があります。
裏側矯正装置にすれば目立ちませんが、前の記事で取り上げたようなデメリットもあります。
加えて、一般に裏側矯正装置の方が費用がかかるため、やはり表側矯正装置を選択する人も少なくありません。
表側矯正装置は昔から存在する矯正の王道ですが、見た目の問題と、唇に触れる違和感という問題がありました。
見た目に関しては、現在では樹脂やセラミックでできた透明のものがよく使われるようになりました。
従来のものに比べ目立ちにくく、見た目の違和感をかなり軽減することができます。
最近では透明のブラケットだけでなく、アーチワイヤーまでクリアワイヤーを使用できるようになりました。
デメリットとしては、ブラケットは金属のものほど小さくできないため、唇に触れる感じが金属のものよりも気になる場合があるようです。
また、カレーやコーヒーなど着色しやすい食品を安心して食べられないという声もあります。
アーチワイヤーも従来のものと比べて多少破損しやすいということです。
やはり機能的に見て金属を選択する人のために、ブラケットを固定するエラスティックリング(小さな輪ゴム)をカラフルなものにしてコーディネートを楽しめるようになりました。
季節の色にしたり、応援しているチームのカラーにする人もいるとのことです。
また、今は同じ金属でもチタンを使用したブラケットで唇の負担を減らし、金属アレルギーのある人でも歯科矯正治療が受けられるようになっています。

話題になっている歯科の参考になるネタはユーザーが多いこのサイトがお勧め☆

Copyright (C)2017マイナス1歳から始める虫歯予防.All rights reserved.